読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

archive on the minor

過去帳の類

宅録ドラム作戦 その1

せっかく生ドラムを買ったので、マルチマイクで録音しなけりゃ「意味ないね」。とは誰にも言われていませんが、まずは手持ちのマイク達にちょっと足してで8chまで埋めようかと画策。

f:id:minorrec:20151215211005j:plain

一家に数本!Shure SM57×3本

f:id:minorrec:20151215211010j:plain

初めてのコンデンサーマイク=Audio Technica AT2035×1本

f:id:minorrec:20151215211016j:plain

数年前にも年末特売していた、Sennheiser e835×2本

f:id:minorrec:20151215211023j:plain

みんな大好き、Shure SM58×1本

f:id:minorrec:20151215211028j:plain

今回仕入れた、Audio Technica ATM25×1本

f:id:minorrec:20151215210526j:plain

3タム、1フロアのセットにして、スネア上下、バスドラム2個、ハイハット、オーバーヘッドをステレオで計算すると、実に11ch。8chのOctopre mk2 Dynamic(中)ではチト足りなくなるので、ベリのADA8000(下)を再登場させました。これで一気に16ch。なんぼでも行ける気分。将来的にはツーバスも行けるぞ。

あとは、お年玉でオーバーヘッド用のマッチングしたコンデンサーマイクを買って、ポイントでバスドラム外用のマイクも調達すれば、セッティング的には良い線いくハズ。

f:id:minorrec:20151215211554j:plain

1人の宅録ですから、オーディオインターフェイスの入力セッティングをしにPCデスクへ戻ると叩けません...。ってなわけで、motu 828mk3純正のtouch oscレイアウトでipadからコントロールすることにしました。DAWもスタジオワンなのでipadから操作可能。以前のようにドラム脇にPCディスプレイを置かずに済み、スッキリです。

宅録ドラム編、しばらく続きます。