読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

archive on the minor

過去帳の類

No Problem At All / Soh Band

Review

f:id:minorrec:20140721091800p:plain

日本の音楽。日本人の視点で音楽を眺めると、影響は西洋に傾くし、西洋の中でも特にイギリスと米国の比率が高すぎる。自分の中でも、仏独伊典等をよく聴くようになっても、洋楽と言えば英米を意識してしまう。じゃあ、日本の音楽って。

日本の独自性をことさら意識すること自体が、自分が音楽を良く聴いていない証拠かもしれない。音楽はどこの国のものであれ、その音楽が発せられた時点で、音楽であることに変わりなく、国籍のレッテルを貼って届くものではない。

しかし人はどこの国かを気にする。誰が演奏したのかも気にする。そりゃそうだ。音楽は耳だけで楽しむものではないから。ショパンがアフリカの人だったとしたら、ずいぶんイメージが崩れるでしょ。綺麗な歌声はルックスが伴うと爆発的な威力を持つ。

そういったことを考えながらこのアルバムを聴いてみる。ジャケットの人のように顔はグルグルで、もはや国籍も誰が演奏しているのかさえ無関係であると主張しているようだ。夭折したリーダーは制作時すでにあっちの世界に行ってたのか?と思えるほどのオリジナリティーを遺憾なく発揮し、唯一無二のアルバムをこの世に解き放った。1996年発表。未だ色あせることはない。

f:id:minorrec:20140721205601j:plain

宗さんの写真をネットで探したが、こんな小さいのしか見つからず悲しい。