読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

archive on the minor

過去帳の類

Koan / Lars Jansson Trio

Review

f:id:minorrec:20140718195709j:plain

スウェーデンという国に幻想を抱いている。日本を一回り大きくした国土に1000万の人口。北海道よりも北に位置し、寒かったり白夜だったり。そんな国から発信される良質の音楽。ジャズ、メタル、ポップ。いずれも一級品で個性豊か。

Lars Jansson(ラーシュヤンソン)はスウェーデン生まれのピアニスト。1951年生まれだから、昨日のブーツィーと同い年。北欧ピアニストとしては重鎮である。黒さは微塵もなく、力をこめても軽い。そしてハーモニーが綺麗。ESTあたりのミクスチュアJAZZがスウェーデンの主流かと勘違いしていたけれど、まっさらなJAZZがあった上に進化したものだと知る。

ところでスウェーデンと言えば楽器も有名。我が家にも鎮座するclavia nordシリーズもスウェーデン。ReasonのPropellerhead、リズムマシンのElektron、最近ではOP-1のtennageengineeringなんていうのもスウェーデン。やはり寒い国だから、屋内に籠もって何かに集中する環境が大事なのだろう。日々大変お世話になっている。

こうして北に到達したジャズを聴くと、ジャズが進化したと言うよりも、ジャズが旅をしたという意識が強くなる。人も音楽も旅をして変化しその時々の表情を表しているに過ぎない。

f:id:minorrec:20140718203608j:plain

実はコレが欲しい。コンピュータで録音するのに飽きたから。