読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

archive on the minor

過去帳の類

RetouchDuo / retouch

Propellerhead Reason生活しています

箱庭DAWソフトReasonもすっかり大所帯となり、REでサードパーティーのまるでプラグインを取り入れたり、外部MIDI音源を制御できるようになったり、結果的には意味のある進化を遂げてきたように思います。

f:id:minorrec:20131130221147j:plain

本日のデスクトップ。メイン27インチ前のコントローラをあれこれ試していましたが、Reason生活に浸るべく、iPad〜TouchOSCを専用コントローラ化するRetouchDUOを導入しました。

RetouchDUOとは

RetouchDUOはretouch社ダウンロード販売しているReason専用のコントローラアプリです。iOSAndroidのパッドでTouchOSCに読み込んだレイアウトで制御します。

f:id:minorrec:20131130221823p:plain

メインミキサーはこんな感じ。

RetouchDUO本体は?

RetouchDUOソフト本体は、ワイアレスもしくはMIDIでPC/Mac上に送られた信号をReasonに送り込むソフトのようです。たぶんLKBridgeとかと同じような感じ。Reasonのほとんどのデバイス用のレイアウトが用意されていて、それぞれをデバイスにロックして使うのが基本です。

f:id:minorrec:20131130223328j:plain

使った感じは

KongとかチャンネルストリップのEQとか、なかなかハードコントローラーで割り当てにくかった部分まで手が、いや指が届く感じです。Pad画面をなぞるのでリアル操作子ほどのリアル感はありませんが、ほぼ全てのパラメータが網羅されているため、作業に没頭できます。

f:id:minorrec:20131130222503j:plain

retouch社の対応

retouchHPから注文しPaypalで支払うと、数分でダウンロードリンクが送られてきます。18時間以内にダウンロードしてねということなので、早速ダウンロード。バージョンは3.5でした。指示に従ってインストールし、さてRetouchDUOソフトを起動させますと、予期せぬエラーで落ちます。何度やっても落ちます。悔しいので「今日買ったんですけど、予期しないエラーで起動できません。なんとかしてー」とサポートにメールしてみましたら、翌日に「こっちで試してね」と新たなダウンロードリンクが送られてきました。そちらでは無事起動できて一安心。怪しい会社かと思いましたが、素早い対応で好感が持てました。

Nektar社のReasonコントローラーはまだ国内発売されていませんので、39ドルでRetouchDUOを試すのもいいかもしれません。

最後に今日の1曲です

2011年のReason作品。RetouchDUOでお試しコントロールしてみました。