読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

archive on the minor

過去帳の類

Reasonよ再び

Studio

Reason7でBFD3を録音

f:id:minorrec:20131117212842j:plain

 ここのところ演奏をioDOCKで録画してばかりだったので、そろそろちゃんと録音しなくちゃと思いました。Ableton Live 9.1はベータテスターの返事が来ないままで待ちくたびれたので、ちょいと置いておいて、久々にReasonを起動させてみます。

ReasonでBFD3の音を録音するには、Audiointerfaceの出力を再入力させる必要があるのですが、それをmac内で行ってくれるのが、Sound Flower。OS10.7にした時に不具合があったので外していましたが、今日見てみると1.6.6bがOS10.8にも対応している様子。さっそく試します。

我が家の828mk3とsoundflower 2chで機器セットを作成し、Reasonのaudioで使用できるようにします。BFD3の出力を機器セットの1/2chに設定して叩き、ReasonのAudio Monitorで確認。Reasonの出力設定が1/2chのままだとsoundflowerから再出力されてループするようなので、3/4chに変更して828mk3から出力されるようにしておきます。

あとは順次wavedrumとかnord waveとかの入力を確認しながらテンプレート作成すると、初期設定は完了です。

Reasonは巨大ミキサーまでシミュレートして、すっかり生録ソフトと化してますから、27インチモニタにコンソールとラックを、右手の24インチにシーケンサーを表示させると作業が捗るようです。

f:id:minorrec:20131117214337j:plain

 なかなか落ちないReason

ソフト内で完結するためか、Reasonは滅多なことでは落ちないのが良いですね。出先でもインターネット認証で作業できますし、またしばらくはReason生活で楽しもうと思います。