読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

archive on the minor

過去帳の類

PROTEUS 2000 / E-MU 備忘録

Studio

f:id:minorrec:20131007172931j:plain

Proteus 2000をゲット

ついに買いましたプロテウス2000。総合ハードシンセが欲しくて、RolandヤマハDTM系を物色しておりましたが、売ったJV1010のことを思うと不憫になって、国産は諦めました。で、苦労しそうなP2Kにしたわけです。

ちょいとググれば、P2Kはロータリーエンコーダーの不具合が多いとのこと。交換も念頭に置きつつ、ハンダグッズを揃えて到着を待ちました。届いたのは見た目もきれいなver1.03。おお、バージョンアップしていないから安かったのね。でもその分ラック内で放置されていたのか、エンコーダーの不具合はなし。お買い得でした。

2.26へバージョンアップする

バージョンアップはE-MUでググって、Creative内のEMUページへ。右上から国名をNorth Americaにして言語は英語を選択(日本語版ではE-MUのサポートはありません)。SupportからE-MU Professionalを選んで、小さく書いてあるnon-PC Hardwareのリンクを押すと、Proteus2000のOSダウンロード画面へ到達できるはずです。

なにぶん古いファイルを扱うので、XPでバージョンアップすることにしました。E-loaderというソフトをダウンロードして2.26OSを当てればバージョンアップ完了です。

Touch OSCでプリセット選択

デフォルトのCMPSR ROMだけで1024音色も入っていますから、選ぼうとするだけでエンコーダーが壊れます。で、iPad APPのTouch OSCでプリセットセレクターを作ってみました。iODOCKとPCを(USB)MIDI接続して、MIDI Patchbayを使ってP2Kと接続します。とっても便利になりました。

f:id:minorrec:20131007174614j:plain