読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

archive on the minor

過去帳の類

Space Agaric

mp3song

いわゆるキノコパワー

mopho keyboardだけで曲を作ることに決めて作業開始。プリセットを少しいじるだけなので、とんとん拍子に音ができて、Liveに配置。そこまではヨカッタのですが、どうにも先に進めず。心拍のようなビートが最期まで鳴るのみ。しばらく寝かせることにしました。
一度vDrumを叩いて重ねてみましたが失敗。人力が合わないみたい。そこで後日iDrumのプリセットをいじったパターンを重ねてみると、まぁありがちですがイイ感じ。中間部分は当初、ガチョウが走り回る音と、犬が追いかけ回す音をGaragebandのループから頂戴して配置してましたが、息子に聴かせて曲名を検討したところ「キノコロケット」ということになり、それじゃあロケットっぽい音を入れようと探しましたが、宇宙ものは結構いかにもな音しかなく、ラジオっぽい感じとガチョウの組み合わせにしてお茶を濁しました。
キノコはベニテングダケのイメージで、英語ではFly Agaricということになりましょうが、キノコロケットから宇宙キノコに進化して、Space Agaricという名前に変貌させました。今日はこれでおしまい。

追記

Space Agaric(宇宙キノコ)はジャケットも往年のプログレアルバムのようにできたので、現在進行中のアルバム名の方も青森ねぶたベースの極楽横町から変更することにしました。英国キノコなのが気に入っています。